零細企業はげの団

ちょ~ローカルなゴミネタから 笑っちゃう、世界の話題まで、まとめてみました~ ま~基本ゴミですが!なにか?

    ちょ~ローカルなゴミネタから 笑っちゃう、世界の話題まで、まとめてみました~ ま~基本ゴミですが!なにか?

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/02/19(火) 14:39:25.08 ID:CAP_USER
    19日付の韓国紙・毎日経済新聞は社説で、日本企業に元徴用工らへの賠償を命じた最高裁判決などを受けて
    悪化している対日関係を取り上げ、「破局寸前」と強い危機感を表明した。

    この中で、報復措置として、半導体製造に不可欠なフッ化水素や
    防衛戦略物資の韓国への輸出を制限する案が日本政界で出ているという報道に触れ、
    「実行するかどうかはともかく、このような話が出ること自体、破局の直前まで至った韓日関係の現状を示している」と分析。

    「今止めなければ破局に向かう」との見方を示した。

    社説は「どの国の政府も自国民の安全や資産を保護する責務があるという点で、
    最高裁判決とそれに伴う措置に対し、日本政府が強く反発するのは全く理解できないことではない」と述べながらも、冷静な対応を求めた。
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019021900586&g=soc

    【【韓国】 「対日関係は破局寸前」 日本の報復に危機感 】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2019/02/11(月) 20:33:42.68 ID:CAP_USER
    [映画.com ニュース] 
    アニメ「伝説巨神イデオン 接触篇」「伝説巨神イデオン 発動篇」が2月11日、「さぬき映画祭2019」を開催中の香川・イオンシネマ東高松で上映され、総監督の富野由悠季氏、映画祭ディレクターの本広克行氏が登壇した。

    1979年放送のTV版「機動戦士ガンダム」に後に制作された「伝説巨神イデオン」は宇宙に進出した2つの種族が無限のエネルギー「イデ」をめぐり、闘いを繰り広げる伝説アニメ。80~81年のテレビ放送は打ち切りになったが、熱狂的なファンによって人気が再燃し、劇場版が製作された。

    富野監督は「接触篇」の上映後に登場。完成後も度々見直したが、「こんなすごい映画とは思わなかった!」と興奮したように話し、満席の観客から拍手を浴びた。「これまでのイデオンの印象は制作状況の悪さもあって、稚拙にしか見えず、作品を通しての感想はなかったが、今回は1作品として見ることができた。作画もひどい。何もかもひどいけど、『こんな話かよ』と驚いた」と話した。

    プラモデルや超合金の玩具も持っていたという本広監督は高校の学園祭で、イデオンの巨大な造型物を作った大ファン。物語の素晴らしさを称えると、富野総監督は「人間関係の入れ子構造が上手だなと思った。(自分自身が)経年劣化を起こしていて、だんだん、ああいうことができなくなっている。たったひとつの言葉で人間関係を結びつける。見事だな、と思った」と話した。

    劇場版「接触篇」はTV版とは違うアニメーターが担当した。「テレビ版の寄せ集めの印象しかなく、『発動篇』を受けるイントロにもなっていないのでは、と思っていた。オカルトは好きではないが、当時のオカルトブームに引っ張られていることに改めて気づき、映画は必ずしもひとりの意志では作られていない、時代性にも引っ張られるのだなとも思った。こんなことは当時、意識してなかった」と自作を再発見していた。

    諸条件は「ガンダム」より劣悪だったそうで。「『(玩具の)金型を作っているから、変更してもらっては困る』と言われて、頭に来た。当時の自分の精神状態はやばかった。それを制御しようとして、うつ病にもなった。(こんな壮大な話は)一人の能力では無理。チャラチャラやっては作れない。いい経験ではあったけども、自分に能力がないことも自覚した。能力があれば、スピルバーグにもなれただろうな」と謙遜していた。

    「さぬき映画祭」は11日まで開催。

    no title


    https://eiga.com/l/OL177

    【【アニメ】富野由悠季監督「イデオン、こんなすごい作品とは思わなかった!」 】の続きを読む

    1: 2012/03/02(金) 16:12:39.19 ID:EgXtB0WT
    まずい!まず過ぎる!

    【カップヌードルごはんとかいうゴミ食品】の続きを読む

    このページのトップヘ